てぃーぐる 『レミニセンス』 感想

まぁ、面白いっちゃぁ面白いのかな。

 

暁の護衛』から150年経った未来の世界のお話。

まさか未来では地下で生活してるなんて思いもしてなかった。

暁の護衛の時、倉屋敷の技術の最先端だったアンドロイドの侑祈が未来でも健在で、既にアンドロイドの存在が当たり前のように人々の間に浸透しているっていうのはなんかちょっと感動した。

 

今作の主人公「島津秀隆」は元天才、元神童って肩書きが悲壮感漂ってました。

同級生や周りみんなから置いていかれて1人だけハンデを背負ってるようなね。

落ちぶれても最後まで凡人なりの頑張りを貫いた感があって、個人的にはかつての天才ぶりを発揮するような覚醒シーンとか欲しかったです。

 

妹の秋ルートは結構面白かった。

f:id:frostmoon06:20180704200856p:plain

秀隆が必死に隠していた嘘の理由なんか特に。

秋が兄の優しさに気づいてからのデレっぷりはやばかった。5年間毛嫌いしていた分の反動がすごい。

 

秀隆は特務官として暴走しがちで周りの信用を失うような、それどころか敵に回すような言動が多かったかな。規制緩和の時とか。

僕の中ではどこか不安定で歪な主人公っていう印象であんまり好きじゃない。

でもやっと秋ルートで島津秀隆という人間の芯、強さを見ることができたような気がして好感度が上がりました。

f:id:frostmoon06:20180707174712j:plain

 

竹内特務官がまさかドリームタウン側に寝返った時はちょっと驚いたけど、この人は唐沢代表の近くにいたからこそ、この人にしか見えない正義があったんじゃないかとか色々考える。

完全な良心の塊だと思っていた唐沢代表には秘密があること、権力と地位に誰より固執している所とか進めてみないと分からない意外な部分でした。

てっきり高坂特務官が秀隆の最大の敵になるんだろうと考えていたけど、敵側ながらアドバイスをくれたり、立場は正反対だけど同じ特務官として仲間のような印象でした。

 

 『レミニセンス』を語る上で欠かせないのが『恭一』の存在。

 秀隆がホープタウン側の視点だとしたら、恭一はドリームタウン側の視点って感じでした。

f:id:frostmoon06:20180704204541j:plain

髪が伸びた分を除くと見た目まんま海斗です。

恋の外見が麗華や彩にそっくりなのを見ると恋は二階堂の血を引いてるのかなぁとか考えちゃう。というかそうであって欲しい。

 

記憶はなくてもやっぱり海斗は海斗だなぁって。

めちゃくちゃなことやる度にニヤついちゃうシーンが多かった。f:id:frostmoon06:20180707174812j:plain

コールドスリープから目覚めた直後、拘束されてる状態でも誰にも屈しない相変わらずの不遜っぷりはさすがとしか言えない。

 

 

最後まで意味がわからなかったのが幼い姉の幻影。

指差す方向に危険がある?とか、過去の回想で姉は当時20才だったのになぜ幼い姿の登場なのかとか。幼い頃の姉の姿がどう秀隆と関係があったのかわかりませんでした。

精神病絡みでうやむやになっちゃってる感じ?わからん。

 

 

続編のRe:Collectの方はたぶんやらないと思う。

レミ二センスを始める前に海斗が出てくることは知っていたので、海斗の活躍見たさで最後までプレイしたというのが正直な本音。

そこそこ面白かったとは思うけど、レミ二センス自体にはそこまで興味を持てなかったので、続きの話がどうだろうともういいかなって感じです。

  

 

frostmoon06.hatenablog.com