三部作 『暁の護衛』 感想

f:id:frostmoon06:20180627102631j:plain

また久しぶりの更新。。。

暁の護衛の無印、プリンシパルたちの休日、罪深き終末論の3作を終えたので感想を書いていきます。

 

まず、『めちゃくちゃ面白かった!!』

 

最初は暇つぶしになればいい程度で全く期待してませんでした。

「面白いらしいけど実際どうなんだ?言うほどか?」って穿った見方でプレイ開始したのが正直なところです。

 

 

実際、無印をプレイし終えた時の感想は、「思ってたのと違う」でした。

主人公「朝霧海斗」の強さを発揮するようなトラブル、ピンチなんてなくてお嬢様たちとの日常パートばかりが主で肩透かしを喰らいました。

でもどうしてかこの日常パート、キャラ同士の絡みがすごく面白い。

個人的にどす黒いドンパチばかりの展開を期待していただけにがっかり感もあったんですが、キャラ同士の掛け合いのテンポが素晴らしくて、キャラゲーとして楽しむ方向へシフトして行きました。

 

でまぁ、3部作なんで次のFDの「プリンシパルたちとの休日」もやったんですが、

やっぱり見たかったものが見れないもどかしさは消えることはなかったです。

キャラゲーとしては面白いけど、ハラハラするような緊張感ある展開がまったくなく、「ボディーガートとは一体…」「海斗自身は退屈を一番嫌っているが、相変わらず話は退屈なんだが?」って気持ちばかりでした。

 

ここまでは期待以下で萎えてたんですが、ここから僕の想像を超える面白さを見せてくれるようになって、一気に「暁の護衛」という作品が大好きになりました。

そのきっかけが、杏子ルート。

杏子ルートはのほほんとしたこれまでの明るいお嬢様たちとの生活からは一転して、海斗の幼少期時代、過去がメインの話へ。

 

これがかなりダークな話で、待ちに望んだ展開がやっと来た!ってことでテンション上がりっぱなしでした。

父、雅樹によるスパルタ教育、ホモ監禁、罪深き終末論へと繋がる伏線等、弱者であった海斗がいかにして今の傍若無人な海斗へと成長したか、そのあたりが濃く描かれていました。

f:id:frostmoon06:20180627095143p:plain

 

杏子ルートでやっと本当の暁の護衛の面白さが知れた気がします。

最初こそ批判的で穿ったプレイしかできなかったんですが、罪深き終末論を始める段階で「これもうどうなっちゃうんだ!」ってワクワクが止まりませんでした。

 

 

肝心の「罪深き終末論」は発売当時ぼろくそに言われてた記憶があって、期待もあるけど不安もありました。

実際、最後の締め方が唐突というか、雑な印象は受けました。

ただ、雰囲気作りというか退去法施行から始まって最後の最後に至るまでの流れは完璧なんじゃないかってくらい胸躍る展開続きでめちゃくちゃ面白かったです。

 

前2作は退屈を感じていたんですが、「罪深き終末論」に限っては一度もだれることなく時間を忘れて何時間もぶっ続けでプレイしていました。

アキラ(亮)の登場で、南条邸での婿選び、海旅行など海斗が二階堂を離れている間に何か起きるんじゃないかってソワソワしたり、「え!?この先どうなるんだ!」ってずっと面白い状態のままでした。

 

個々の事情や過去の因縁、思想や国家いろんな要素が絡み合って、全体として物凄く面白い話に仕上がっていたと思います。

終わり方こそ雑な感じはあるけど、そこへ至るまでの過程やキャラ同士の背景、関わり等は素晴らしいとしか言えない。

というか一人のシナリオライターからここまでの密な世界が生まれるものなのかと素直に驚いてます。なんというか『人』を描くのが上手い。

 

 

好きなキャラはたくさんいます。

友人サイドは尊や薫がとくに好印象。

尊にいたっては真面目系おバカって面もそうだけど、まずあだ名が卑怯すぎる。

中の人も無駄に大御所でそりゃ面白いに決まってるやん!って感じ。

薫は無印の薫ルートに行くまでは本当に男だと思ってました。実は女なんだと思ってみるとなかなか深いシーンがよくあることに気づきました。

友人としても女としても、ボディーガードとしても海斗と二人並んだ時のピッタリはまるお似合いな感じはやばい。いいペアだなって思います。

 

学校サイドでは佐竹や朱美先生なんかとくにいい。

f:id:frostmoon06:20180627085356p:plain

佐竹と朱美先生、どちらも海斗に殺意を持ってるのに最後は海斗を受け入れてしまう、どこか人の気持ってのは複雑でただ一色ではないって感じが伝わってきました。

朱美先生は教師だけど実は…って裏の部分がすごく味があると思います。ほんとキャラの事情や背景も考慮して改めてこのCGを見るといろんな思いがこみ上げてきます。

 

 

個人的には禁止区域連中も結構好きで、謎の柏といい父雅樹は出番こそ少ないものの出てくるとニヤッとせずにはいられなかった。

f:id:frostmoon06:20180627085750p:plain

このCGほんと好き。実の父親でありながら海斗にとっては最強の敵と言ってもいい存在がまさか自分と今肩を並べて共闘するなんてこんな胸アツ展開あるかよ!

 

 

TRUEエンドも勿論面白かったんですが、禁止区域ルートの異質さもこの作品を語る上で欠かせない重要なポイントだと思います。

これまではお嬢様を守るボディーガードらしい明るくて正しいルートばかりだっただけに、禁止区域ルートのアンダーグラウンドな感じは「プリンシパルたちの休日」の杏子ルートのエグさ、胸糞悪さを思い出しました。

しかも専用のOP2まで流れるし、一体どこまで楽しませてくれるんだと。

 

f:id:frostmoon06:20180627091650p:plain

 

いきなりドぎつい拷問から始まったけど、改めて朝霧海斗という男の規格外の強さを思い知りました。肉体的にも最強なのは間違いないけど、その強靭な精神力はもう人の身を遥かに超えてる。

やっぱり『朝霧海斗』はこうじゃないといけない、最強の主人公とは海斗のことを言うんだとそう思いました。

嫌な因縁のある緒方と絡むことが多かったですが、これはプレイヤーとしてもなかなか複雑でなんというか、簡単に言っちゃうと人付き合いの難しさみたいなもの…を感じさせられました;

 

 

いやー、終わってみると本当に面白かった。

残念ながら前2作はあんまり楽しめなかったのが本音ではあるけど、『罪深き終末論』だけはつまらない瞬間が一切なかった。最初から最後まで全部面白かったです。

 

バグがあること、戦闘シーンの描写が物足りない、唐突にEDへ入るなど、惜しい部分こそあったけどそこはやっぱり大人の事情というか、時間的な問題があったのかなって思います。

ただそれを抜きにしてもここまで面白い作品は他にそうそうないってぐらい本当に良かった。久々にエロゲーやって感動しました。

 

同じシナリオライター衣笠氏の『レミニセンス』がどうやら暁の護衛の世界を継いでいるらしいので、これもまた是非プレイしたいと思います。

 

 

frostmoon06.hatenablog.com