読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ケロQ「素晴らしき日々 ~不連続存在~」 攻略①

エロゲー感想

f:id:frostmoon06:20160715082333j:plain

哲学ゲー・電波ゲーと名高いケロQの「素晴らしき日々 ~不連続存在~」

当然のように内容がとても難解。

いや、難解なだけならまだしもキチ入ってたり、狂ってる描写が多くて、危うくこちらの精神が破壊されかねない超電波ゆんゆんなこのゲーム。

アタマリバース、スパイラルマタイとか意味不明w

レズ、陵辱、近親相姦、ふたなり、グロ、イジメ等、扱う内容がだいぶ重いです…。

 

主題歌の「空気力学少女と少年の詩」自体は明るくてとても聞き心地の良い曲なんですが、それとは正反対に内容がゲロ重いw

なにがどう転じて"素晴らしき日々"に繋がるのかクリアが楽しみです。

糞ゲーと言う人も、神ゲーと言う人も一定数はいそうな扱いが難しい作品、軽々しく手にとって遊ぶには危険過ぎるというイメージを持っていたので、ずっと嫌厭して避けてきたところがあるんですが、まぁたまには冒険してみようじゃないかと。

この作品の何が凄いのかそこらへんをしっかり感じ取っていきたい。

 

  語りえぬものについては、沈黙しなければならない。

哲学者ウィトゲンシュタインの「論理哲学論考」がベースになっている模様。

これまで哲学とは無縁で生きてきたので、一つ一つを噛み砕いて解釈していかないと全然頭に入ってこない。

つーか、ただでさえ内容が謎だらけ(狂気)なのに哲学を絡められるともうね…。

f:id:frostmoon06:20160715105519p:plain

f:id:frostmoon06:20160716125706p:plain

今はまだ 第1章“Down the Rabbit-Hole”を終えて、第2章“It’s my own Invention”の途中をプレイしているところなんですが、現段階(断片的な情報)で完全に理解しようとしても無理なんだろうなぁ。

全部を終え、各章の繋がりが見えてやっと真実、テーマ性というものが見えてくるんだと思う。

f:id:frostmoon06:20160715105606p:plain

高島ざくろの自殺を機に色々とわけわからんことになってるのかな。

様々な視点から描くことで全体が見えてくる系。

現実との"ズレ"みたいなものが出てきて、これは本当に現実なのか夢なのか、妄想、架空の世界なのかよくわからないことになってる。

 

終ノ空」とはなんなのか。

どうもケロQのデビュー作「終ノ空」の流れを汲んでいるらしい。ちょっと古すぎてプレイする気にはなれないんですけど、「素晴らしき日々」はそのリメイク、再構築(決別)という立ち位置になっているそう。作中で何度もキーワードとして出てくるんで重要な要素なんでしょうね。今はさっぱりわからんけど。

 

2章の救世主「間宮卓司」君に対するイジメはすげぇ萎えた。

常日頃から暴力とカツアゲに晒されているようでしたが、極めつけが

女子更衣室で制服を盗む→女子制服に着替えさせられる→DQNのナニをしゃぶらされる→口内射精&ゴックン→容赦なしのフルボッコ

といくらなんでも、そこまでするか?みたいな…。

いやー重いってw さすがに気分悪いわ。

 

伏線しかなくて?だらけですが、頑張ってオールクリア目指していきます。

 

 

広告を非表示にする