読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Clear 美姫ルート 感想 (投稿忘れ)

 

とっくに攻略済みなのになぜ今さら感想記事なのか…。

下書き保存してそのまま投稿するのをすっかり忘れてましたw

残しておくのもなんなんで置いておきます。

 


 

美姫ルート終えました。

なかなか力入ってたルートだったなぁと。

美姫が抱いている罪悪感と恐怖、光一が抱いている恐怖だったり

お互いの思いのすれ違いがありました。

 

人と違うこと、吸血種であることについてその葛藤がよく伝わってきたルート。

心のない光一がどこまでも救いようがないのがまたね…。

心がないから外面だけでも人間らしく振舞う、ルールや模範に沿っているだけの主体性のない考え方だったり、光一のどこまでも浅はかな、上っ面だけの人間性が遂に美姫にバレてしまうあたりから事態が悪化。

 

手を尽くしてなんとか光一にあの頃の思いを取り戻してもらおうと努力するも叶わず…どこまでも無感情の光一。

原因はやっぱり「美姫が光一を吸血種にしたせいで、光一を変えてしまった」のだという決定的な事実。

自責の念や優しかったかつての光一はもういないことへのショックで美姫が自殺しちゃうと…。

 

恋人の死に直面してここでやっと心を取り戻す光一なんだけど…毎度毎度、遅すぎるんだよなぁ…もう。

いつも手遅れの段階で取り戻すもんだからほんとどうしようもない。

でもこのあたりのシーンは良かったです。

 

「俺はやっぱり傍観しているだけしかできなかったんだよ」

美姫の死を認識してもなお

「わからないからずっと見ているだけしかなかった」

「今も、どんな顔すりゃいいのか、それがわからない」

心がないから  泣けないんだ

美姫が最後に望んだのはそれだったというのに…

恋人の死に顔を見る、というとき  

俺はどんな表情をすればいいんだろう

 

光一の場合、ほんとに心がないから状況に応じた行動を取るのが困難なんですよねぇ。

だから、思考回路は「問:恋人の死に一番ふさわしい言動を行いなさい」になる。

本当の悲しみから上のような文言が出てくれば別ですけど、ガチで理解できていないから深刻なわけで。

 なぜ光一はポンコツなのかは優しさが欠如するきっかけにありましたが、ポンコツなせいでいい味出すストーリーになってますね。

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする