「purely」 クリア 感想

旅行に出かけてて記事の更新が遅くなりました。

ええと、とりあえず旅行出発前にpurelyは全クリアしてたんで、感想を思い出しながら書いていこうと思います。

 

「一度は紅葉を忘れた楓が再び紅く、紅く…。」

 つむぎルートやってからの追憶ですよね。

話は過去でつむぎが生きていた時代、温泉屋敷と村人たちの諍いが問題になっていました。

本編では長閑な温泉街でのお話しだったのに、ここでいきなり時代劇が始まったんで正直戸惑いました。(世界観変わりすぎw)

僕はてっきり優哉は叔夜の生まれ変わりだと考えていたんですが違ったようですね。生まれ変わって再びつむぎと巡り会う的なシナリオを期待してたんですが、別にそうではなかったと。

 

「私たち、あとどれくらい一緒にいられますか…?」

 つむぎが残された力を使って源泉を復活させるシーン。

ここは泣けそうなポイントだなーとか思ってたらいまいち…泣けない。 

泣きたいんだけど泣けない…あれ?…という事態に。

話としては確かに綺麗でした。

綺麗だったんだけど、最後の総まとめのルートとしては良くも悪くも微妙な感じ。

 

つむぎの秘密とかいろいろ謎が解けたルートではありましたが、愛歌ルートの方がまだ全然泣けたかな。

愛歌ルート以上か同等の出来だったら文句なしだったんですが、ちょっと物足りない感がありました。

 

f:id:frostmoon06:20150302081047j:plain

 

広告を非表示にする