WA2ミニアフター 冬馬かずさ編 感想

ここ最近ホワイトアルバム2のミニアフターストーリーで検索かけてこんな僕のゴミみたいなブログを見に来てくれる方が多いんで感謝も込めて記事書きます。

 

あの…とりあえず冬馬のアフターだけやりました。

一応、記事書く前にいろんな人の感想を見て回ったんですが、みなさん細かく分析しておられてなかなか難しい意見を持たれてるなぁと…。 

「俺…そんな深みのある意見・考察なんてないぞ…どうしよ…。」

こんな状態です…。

始める前に再プレイして本編を振り返る気でいましたが面倒だったんでやってません。

うろ覚えの記憶の中でアフターをやったんで理解が足りてないはですが承知を。

 

う~ん、話としてはひとまずハッピーエンドになって良かったんじゃないかなと。

思っていたよりガチの内容ではなく、ミニアフターは春希と冬馬のイチャラブ生活話だったのかなという気がしました

さすがに元通りとはいかないだろうし、お互い胸の内にはまだ収まらない気持ちを抱えてたりするとは思いますが、もう一度みんなと顔を合わせることができたというのは嬉しいことだなと思います。すれ違った思いもこれからの生活の中で何度も話し合っていく機会はあるだろうし、いつかわだかまりも解消できる日が来るんじゃないかと想像できる。さすがに全員と縁を切って「はい、さよなら」であのまま一生を過ごすよりは最後にこういう終わり方を描いてくれたのはなんとも救われたような。

事後の話としてだけしか出てきませんでしたが、僕としてはウィーンへみんなが訪れた?時の様子やラストシーンの結婚式で北原夫妻はみんなとどういう会話をしたのかといった「和解~みんなとの会話」の流れをもっと詳しく見たかったなぁというのがあります。

まぁそこはミニなんでプレイヤーが各々、脳内補完しろよってことなのかな。

こうあっさり事後処理されてると本編での悲しみはなんだったのかと思っちゃいますが、それは描かれてないだけできっと複雑な葛藤、物語があったんだろう…あったんだ…。

f:id:frostmoon06:20150104102350p:plain

うろ覚えで怪しいんですけど、本編エピローグで雪菜がギター弾いてるシーンの意味とかそういう意味深な部分の答えは結局明かされなかった?のかな。

 

個人的には「浮気ルート」という不名誉な名前がついてますが、このルートが一番好きです。