読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NHKにようこそ! 全24話 感想

全24話見終えました。

もう少し早くに出会っておくべき作品だったと後悔…

間違いなく魂の作品。

(; ・`ω・´)そうか…俺に彼女がいないのもNHKの陰謀だったんですね!? コノヤロウッ!!

 

仕送りもストップして食うに困って働き始める…って感じで引き籠り脱出。

 岬ちゃんの中の人の演技が凄く好きでした。

十代の少女のあどけなさ、意識してない普通の人の声っていうのかな。

 

ただの娯楽アニメとして見ると痛い目見ますねw (良い意味で)

いやぁ、生々しいw 

 

山崎との別れは感動した。 自分のやりたいことを中途で諦めて仕方なく帰郷。

賑やかな引き籠り生活が終わって、一気に寂しい雰囲気に変わる。

山崎が欠けたことの物足りない感はホントに寂しい気持ちにさせました。

柏先輩との別れもあってどんどん佐藤の周りに親しい人がいなくなり、遂には仕送りも滞る…。

佐藤の4年に及ぶ、引き籠り生活はいよいよ佳境に入っていく流れで。

 

本編ではエロゲに嵌ったり、ネトゲ廃人してたりしてましたが

逆に本編始まる前は何をして暇をつぶしてたのか気になるw

 

主題歌に関してはEDの「もどかしい世界の上で」が有名だけど、個人的にOPの「パズル」の方が好きかな。

全体的に楽しそうな曲調なのに切ない感じが良い。

 

テーマとしては「ダメ人間、ニート、引き籠り」を扱っていますが、視聴にあたって

逆にリア充の人は、たぶん良さがわからないかも。 「は?」って思うはず。

だからといってガチのニート、引き籠りが見たら毒になるw

 

万人受けしない系だと思いますが、これは確かに人にお薦めしたい一本。

 

 

広告を非表示にする