読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポケモン対戦 レートで勝つコツ 《弐》

正直、ポケモンを離れてずいぶん経つので忘れていることが多々。

環境的に5世代の方が遥かに鬼畜でしたので、余裕で6世代にも通用するはずです。

 

またしても経験的、概念的なことを書いていくわけですが、こういうことって記述されないとわかんない部分ってあると思います。

なんとなく経験則では知ってるけど、じゃあそれは一体何?みたいな。

改めて記述化することで気づける部分はあると思うので、そういう意味でも助けになるような記事になれば幸いです。

 

f:id:frostmoon06:20141121194324j:plain

あーそう、フリーでしか使わなかったけどサンドパン好きなんですよ~。

 

①見せ合い・選出

f:id:frostmoon06:20150201132245g:plain

先発は相手のPTに対して割と安定する or 万遍なく戦える奴にする。

まぁこれは誰でも普通にできていると思いますが、安定重視で行きましょう。何も先発から飛ばしていく必要はない。

調子こいて「先発に◯◯出てきそうだから、ピンポイント読みしてやる!」とかはしない。

オフ勢とかだと自分のPTに出てくる奴を予想してメタ選出したりすると思うんですがレート戦では必要ない。普通に刺さる奴、動きやすい奴を選ぶだけでいい。

 

で、少なからず対策必須ポケモンが相手のPTにいるはず。クレセとかクレセとか。

そういう場合は「出てこないだろう」と楽観せずに素直にメタ選出をする。

「万が一、出てこなかったらメタポケが腐るじゃん」とか思わない。

不思議な事にそういう場合に限って大抵出てくる。

厄介なのはPT単位で予め牽制しているにも関わらず、臆せず出してくる人(とくに低レート帯に多い)もいるので必ずメタを張る。

というかもう、例えばですけど  (また五世代を例に恐縮ですが)

「クレセいたら必ずスイクン出す」って決めておくと捗ります。もうそこは思考停止でいい。

 

ここまでで2体選んだら、この2体で対応が難しい奴への対処 or 相性補完に最後の一匹決めます。

もしくは2体選んだ時点で、任せたい役割が多くて過労死させてしまいそうな状況が考えられる時は、ここでその役割をカバーできるポケモンを選んで2枚のガードにする。

間違っても「こいつ出てきたら、受け出しできない!」とかの状況にならないように選出と順番、受け先は念頭に置いて決める。

 

 

②必ず相手のパーティをメモすること。

f:id:frostmoon06:20150623010641g:plain

この「メモする」ってとこが大事!! メモしてあれば相手が不利対面時にどいつに交代してくるか予想が立てれます。 

また、相手の選出の2体が割れた時点で、ラス1のポケモンは何か推測できます。 

2体わかれば自分のPTに照らし合わせて考えると、自ずとラス1の見当はつくと思います。 

それさえ見当がつけば中盤から終盤の詰めに入るまでの戦術の道筋が立てやすくなります。 

 

「こっち2体残ってて、相手はラス1…数的にもこの試合勝っただろ!」とか思って

そのラス1のポケモンに逆転2縦されて負けるといった経験はあるんじゃないかな?

ラス1の見当さえつけておけば、戦闘中の立ち回りのヒントになる。

「そいつを倒すために 何を切って、何を温存しておくべきか」分かるようになる。

↑ これって凄い重要なことで

ポケモン対戦は消耗戦なんで3体全部がHP満タンで勝てる試合なんてないですよね?

もう消耗戦になることは必然なんで、起点にされない or 負け筋に繋がらないようにベストなタイミングで切る(倒される)ことは物凄く重要なわけです。

そして切るだけではなく、必要な奴を必要とされる戦局まで温存しておくプレイングも重要になってきます。 

 

③対戦が終わった後は、必ず反省する。

f:id:frostmoon06:20150201132350g:plain

これは勝ち試合でも、負け試合でも必ず振り返ること

なぜ負けたのか、どうして勝てたのか考える。

・あそこでもしAではなくBを選択していれば、もっと楽に勝てたのでは?

・なぜこの局面でミスをしてしまったのか…。

・なぜ相手はあそこでAを選択したのか?or Bへ交代したのか (相手の意図を探る)

1戦終えたら10分は試合内容を振り返えるくらいで、対戦の流れを脳内シミュレートして欲しい。

 

負け試合を振り返るというのは分かると思いますが、勝ち試合「も」ってところ。

勝ったんだからと軽視しやすい傾向にあるのは分かる…しかし!

勝った試合でも、少なからずミスをしていた場合が多々あるはず。

勝敗に直接影響の出るミスではなかったorリカバリー可能だから良かっただけ。

ミスなし100%で勝った試合なら文句なしですが、相手のミスや急所など偶発的な要因も絡んで勝ちを拾う場合があると思う。

とくに運で勝てた試合は、その運なしの場合ならどうすれば勝てたのか考える。

 

なんだろう…。

より多くの勝ちを拾うために、勝ち試合の質を高めるって感覚。

勝ち試合の質が揺らいでいるようでは「本当なら勝てた試合」を落としてしまうことに繋がる。

その結果、「うわああああ、あそこでこうすりゃ勝ててたじゃん…くそがっ!!」と後悔することになる。

 

というか僕自身ミスが多い人間なんで、ここで「あるあるネタ」を一つ。

技選択終了してからミスに気付くってやつ。

「うわあああああああ!!! つい勢いで即決してしまったけど

絶対、相手〇〇するじゃん!ww  おわっただろこれ!!」とか。

 

技選択を終了した安心感から冷静さを取り戻して、ふと気付くんだろうね…。

 

気をつけましょう。(戒め

 

 

広告を非表示にする