読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

るいは智を呼ぶ 整理 & 感想

f:id:frostmoon06:20170110150851p:plain

「るい智」の攻略ですが、るい、花鶏、こより、伊代ルートまで終えて、残すところ茜子だけになったので、ここでシナリオの整理と各ルートの感想を書いていきます。

 

▼共通ルート

共通部だけやたらと文面の言い回しがくどかった。 ここを乗り切れるかが勝負。

呪いがキーなだけあって冒頭からピンチ場面。

 

▼るいルート

智へ届いた差出人不明の手紙がきっかけでるいと知り合ったこと。

案外、るいに男だとバレてもケロッとしてて「あぁ、やっぱるいらしいな」と感じました。

嫌ってた父が実は、るいの呪いを解くために奔走してくれてたことが分かるシーンは感動やね。 遺産相続が絡む親類との血縁関係のいざこざも醜い部分…。 

で、るいの父も「ラトゥイリの星」の本を持ってたと。

本を解読すれば呪いが解けるかもしれない…けれど、呪いを解かずに一生背負い続けて受け入れることを決める。 呪いがあったからこその出会いと経験って感じでした。

 

▼花鶏ルート

花鶏ルートは結構好き、けど謎がいくつか残ったかな。「呪いの伝染」「ラトゥイリの星を盗んだ犯人」だとか。

疑心暗鬼の花鶏がイェンフェイにも突っかかっていったけど、この時のイェンフェイの電話の相手、呪いに関わる者の始末を命じた人物は誰なんや?というところ。

胡散臭い記者三宅と才野原恵の死 呪いが原因だろうけどなんで?って感じ。

 

ガチ百合の花鶏が智が男だと知ったら、どんな反応するのか想像できなかったけど ↓

f:id:frostmoon06:20141013214505j:plain

男でも智ならいけるんかーい!!

花鶏が孤高で居続けてみんなに冷たい態度をとってたのは「助けを求めてはならない」呪いだったから、納得です。(まぁ、元々の本人の気質やプライドの高さもあると思いますが。)

結局、盗まれた本の行方と三宅と恵の死に関してはわからないまま。

 

▼こよりルート

VS大人社会って感じ。 
大人の理屈と子供の誇り 小夜里とこよりの姉妹の関係について。

こよりと智は幼馴染、こよりは忘れてただけで元から智が男だと知ってた。

能力を使ってのお金儲け&呪いの解除法が分かる可能性 

姉が呪いの調査のために三宅を潜り込ませてた。 三宅はやっぱ敵だったか…。

CAコーポビル突入からの流れは面白かった。

 

▼伊代ルート

伊代の抱える問題の解決というより、物語の真に迫ってる感が強かった。

状況が二転三転していよいよ物語が動き始めたか!ってワクワクした。 

大貫邸の離れに智の双子の姉真耶がいた。 なんで恵は存在を隠してたん?

本来の呪い持ちは智を除き真耶を入れた八人。双子で男に生まれた智はどういうわけか呪いのみを与えられるとかいうとばっちり。

呪いを解かせない意志の存在、妨害をしていたのが恵だったと。

最初っから怪しかったけど、やっぱり怪しかった!

 

恵はどうしてそこまで呪いを解かれるのを嫌うのかわかんない。

呪いの秘密が解かれることを恐れて智の姉ちゃん殺されるし…。

最後まで恵の真意はわからなかった。どんな思い、秘密を抱えていたのやら。

 

呪いを解く手がかりは良いとこまで行ってたのに、恵の正体について危ぶまれたあたりから有耶無耶になってしもた\(^o^)/

 

智の呪いは他3人には男だとバレてもセーフだったのに、伊代ルートにだけ呪いが発現したのがわからん…。

 

まだ誰のルートでも無事に呪いを解くことはできていないが、茜子ルートでは解けるのか?…これ。

 


広告を非表示にする