夏ノ雨 感想①

( ^0^)θ~♪ 「もっと近くで この夏を感じたい~ 急上昇 君の隣で~」

友情と恋愛についてたっぷり詰まった心温かくなる作品でした。

f:id:frostmoon06:20140811224019p:plain

心が荒んでいくだけの殺伐とした対人ゲーとは違い、清々しい気分にさせてくれたり心地よさを感じさせてくれるエロゲはホントいいっすねー。心がキレイになります。

 

▼翠ルートから感想

かつて翠にフラれたことを根に持ってたイケメンDQN須山率いる強豪校との試合で監督に「できるに決まってんだろ、ジジイ!」と言ったこのシーンから主題歌流れて燃え展開突入、ここは盛り上がりました。

サッカー部に復帰するという目標を掲げて3人で一緒に過ごした時間は楽しさ優先でサッカーの技術に関しては確かに甘さや衰えがあったけれど、かけがえのない時間だったはず。

f:id:frostmoon06:20140811224116p:plain

この時間があったから、ただ部活を続けていただけでは経験できなかった親友、友情、信頼を築けたこと。
これからの夢に向かって大きく前進するために必要なバネ、充電期間であり原点となる思い出。 あの夏に抱いていた夢と希望を忘れずに、あの頃の自分に恥じぬよう生きていく、というような印象を持ちました。

翠ルートではありましたが、翠、宗介、一志の3人の友情ルートだったようにも感じました。

あとは、ずっと3人でいたのに知らない間に宗介と翠が付き合ってたことについて一志は疎外感を抱いたりしたかと考えると切なくなります。

 

▼次にひな姉ルート

小さい時に近所で遊んでた幼馴染で一つ上のお姉さん的存在のひな子。

ここはまず宗介と一志、男2人の友情を感じました。ひな子の好きな人は宗介でひな子が好きな一志にとって宗介は恋敵。であるにもかかわらず一志は宗介を僻んだりせずに応援しようと努めるところが男前すぎるw それで宗介自身も一志との友情を優先して告白を断ろうするあたり男同士の友情の尊さを感じました。

父親の愛人と暮らしてたり重たい内容もあったひな子ですが、この子は男をとことんまで甘やかして駄目にさせちゃうパターンの子。

f:id:frostmoon06:20140811224422p:plain

俺も意志が弱いから流されて際限なく甘えちゃうわ!
姉萌え派の俺はもうすごいキュンキュンして切なくてたまらないいいい!
ふんごおおおおおおおおおお。

f:id:frostmoon06:20140811224525p:plain

大人になっていろんなことを知って失ったり、変わったり、忘れてしまうものがあるかもしれない。今の関係のままいられなくなるかもしれない。
けど、今のこの楽しくて幸せな日々があったことをきっと忘れないだろう
今のこの時間だけはいつか振り返ったとき、かけがえのない大切な思い出となっているはずだ。

こんな感じでした。思いのほかひな子ルートの破壊力が凄まじくてビビったお…。

 

 美佐先生、本命の理香子ルートは感想②から

夏ノ雨 感想② - Frozen Tears*