読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

振り返るオワカ8 ②

マリオカート

各レート帯で僕が感じた「壁」を話します。

3000、4000あたりまでは楽しかったです。最下位スタートでも1位、2位はとれるくらい余裕がありました。

ここまではいいんですが、「壁」を感じたのは6000乗った頃ですかね。

ここで明らかにレベルの差を思い知らされました。

同じ部屋にいる7000勢に追いつけないんですよ。タブコンで距離を確認しても「こいつら、どんだけ速いねんww」と突っ込みたくなるほど自身の走りの限界を感じました。

 

ですが、格上の上級者の人と修羅のような戦いばっか繰り返してると、嫌でも自分の走りが研磨されていくんですね。一度のミスで1位から11位へ転落なんてザラですし、TAでは養えないオンライン対戦における最善の走り方が身に付いた気がします。

 

前の写真のレートから一気に飛びましたが8000乗りたての頃の高レート部屋にて。

f:id:frostmoon06:20140805163159j:plain

 

↓野良もいよいよ極まってきたと思える超高レート部屋。確か6月末くらい

当たり前のようにみんな速いので一回のレース時間がものすごく短く感じましたw

f:id:frostmoon06:20140805163221j:plain

 

最近、思うんですけどマリカで一番何が怖いかって赤甲羅でもスターでもトゲゾーでもなく、普通の緑甲羅の気がします。

反射して跳ね返ってくる命中率の高さも理由ですが、前から後ろから狙い撃ちしてくるスナイパーがたくさんいます。

常に警戒しておかないと食らったら最後、デスコンに飲まれて下位落ち必至ですからね。

相手と軸を外しておくこと、バックミラーで何度も確認することはとても大切。

 

広告を非表示にする