ダークソウル3 6周目 DLC『THE RINGED CITY』 初見攻略 【筋バサ】

ダークソウル3のDLC第二弾『THE RINGED CITY』のソロ攻略が終わりました。

f:id:frostmoon06:20170330174115j:plain

ダクソ3は前回のDLC以来、一度も起動してないな…。

周回もしていないので、相変わらず原盤0&ルドレス消失のままスタート。

 

感想としては、良いも悪いも含めてかなり歯応えがあったように思います。

スクショを取りながら攻略したので、順を追って振り返るような形で書いていこうと思います。

f:id:frostmoon06:20170330141739j:plain

まずここ、吹き溜まり。地を這う雑魚モブの攻撃を2発食らっただけで死亡は笑った。

アイテム取ろうと思ったら足場が崩れて真っ逆さまは変な声出た。

f:id:frostmoon06:20170330142040j:plain

あれ?まさか?と思ったらやっぱり土の塔の風車。

ここの鬼門はやはり「天使シューティング」

本体を見つけて倒さないと延々、虐められ続ける始末。初見攻略は、ねっとりじっくりマップを隅々まで探索したい派の人を殺しに来てる要素でしたね…。

正規の順路がわからない、でも止まってたら狙い撃ちされる、本体の場所も不明…

とりあえず「逃げるんだよおおおお!」状態。

f:id:frostmoon06:20170330142602j:plain

本体を見つけるまでに何十回死んだかわからない…。

 

VS " デーモンの王子 "

攻略武器は「黒騎士の特大剣」。せっかくデーモン特攻がついてるんで使うしかない。

初っ端から2体同時かぁ…と軽く絶望しましたが、一体がアクティブな時はもう一体は静かな挙動っていうフロムの良心に救われました。その後、満を持して真打ちの登場で淡い期待は砕け散ったが…。

正直攻撃パターンとかよくわからないままでしたが、無理はせずヒット&アウェイを心がけてなんとか突破できました。

 

f:id:frostmoon06:20170330143432j:plain

輪毛の街に到着。黄味がかった感じ大好き。

おお~!と感動していたら、その後の「虚ろ弓集団」にイライラ…また弾幕ゲーかよ!

ここを超えてからの輪毛の街探索はとても楽しかったです。

ブラボみたいな動きをする輪の騎士、大曲デブの凄まじいディレイと高HPに苦戦しながら沼方面へ。

f:id:frostmoon06:20170330144021j:plain

野良竜狩りいてわろた。しかも無駄に周回重ねてるんで軽いボス戦みたいな感じ。

f:id:frostmoon06:20170330144043j:plain

打撃武器で最初はやってましたが、やっぱり直剣が優秀だね。短い隙にパパッと攻撃できるモーションが揃ってるんで強い。

 

VS " 教会の槍、ハーフライト "

ここはデモンズの塔3みたいなプレイヤーがボスになれるところなのかな?

ずっとオフラインのソロだったので仕組みがよくわからない。

攻略武器は「ミル斧」と「ロンソ」。絵画守りは脳死直剣R1ブンブンで勝手に死ぬ。

次はハーフライト本体。直剣R1が一振り目からパリィ取られて致命→即死だったので、ミル斧のガイジ戦技主体で攻略。斧ブンブンはパリィ取られなかったので、ひたすらR1連打の脳死で突破。

 

f:id:frostmoon06:20170330153112j:plain

なんで殻に触ったら、荒野になってしまったのか全然わからない。(無能

 

VS " 奴隷騎士ゲール "

もうこいつが一番強い、ナンバーワンだ。

竜狩りの大斧のR1でも200ダメはたまげた…。いや与ダメの低さより、HPバーの減り具合から推察される異次元HP!

避けながら近接でチマチマ殴るより、これもうボウガンで攻めたほうがいいんじゃね?と思い、試しにヘビィボウガン主体でやってみる。

爆裂ボルトが129ダメ、ヘビィボルトが133ダメだったかな。大斧の200ダメに対してはなかなか良い数字。確実に殴れる機会を待つ近接よりは、攻撃チャンスが圧倒的に増えたものの…それでもHPの量が頭おかしい…。

最終的に近接で第一形態はエスト瓶2個消費くらいまでに詰めたけど、第二形態以降がなんかもう阿呆くさくなってきたので正攻法の攻略を放棄…

というかもう、本当にHPが異次元すぎて正攻法じゃ集中力が続かなかったので、恥を捨て「毒戦法」に切り替えて倒しました。

なんだろう。試合に勝って、勝負に負けた感…。

 

VS " 闇食らいのミディール "

f:id:frostmoon06:20170330144552j:plain

ドラゴンきたああああああああ! 闇の竜ってのが最高にかっこいい。

武器はブレス対策に炎カット率の高い「黒鉄盾」、なんとなく戦いやすそうだった大槌の「グレクラ」で攻略。

戦い方は、正面目の前に陣取り。動作終わりの頭にグレクラのR2 or ジャンプ攻撃(DR2)を入れてました。

ゲールが有り得ないほど堅すぎたおかげか、頭にグレクラのジャンプ攻撃が500ダメも入って衝撃。

ブレス吐きながら暴れまわって突進する攻撃だけは緊張しました。後半は折り返し含めて2連続ですしね…。当ると即死なんで、うまく股下をくぐれるかドキドキの一瞬。

f:id:frostmoon06:20170330145400j:plain

途中、エスト瓶の配分計算が深刻で残りHP1/3ぐらいでエスト瓶尽きるか?と思いながらのヒヤヒヤものでしたが、致命チャンスが来たのに救われた。

 

目に留まった今回の新武器。

f:id:frostmoon06:20170414125125j:plain

レド槌大好き。磁石みたいに岩が張り付くの最高!

f:id:frostmoon06:20170414125144j:plain

よかった。ゴミなのは輪投げだけなんですね…。「放つ回復」も味方の足を止めることなく、こちらから能動的に回復サポートできるので結構良さげ。

 

前回のDLC『ASHES OF ARIANDEL』は微妙でしたが、今回はそれなりに満足。

ただやっぱり、周回重ねてるとストレス溜まるかなぁ。道中がめちゃめちゃハード。

一々、丁寧にモブ処理しながら探索を進めていく派の人には酷な内容。

その分、歯応えがあって良かったとも思ってるんですが、二度とやりたくはない。

6周目でこれならカンストとか頭がハゲてしまうぞ?

1、2周目の難易度でこれなら楽しいかもしれない。

 

原盤をくれたり、道中なにかと和ませてくれたラップ君の正体がまさかあの人とはね…

" 俺が本当はどんな奴だったとしても恨まないでくれよ "

" あんたが許してくれる限り、友でいさせてくれ "

このあたりの言葉は卑怯。

f:id:frostmoon06:20170330175536j:plain

 

 

広告を非表示にする

積んでいた『ペルソナ5』を今更やっとクリアーした。【感想】

f:id:frostmoon06:20170325183216j:plain

"は汝、は我 "

去年の10月に飽きてすっかり放置していた『ペルソナ5』

苦節75時間…。少しづつ進めてやっとクリアすることができました…。

 

 

正直な話、2回ほど本気で売ろうかと思った。

ロード (Take your time) が頻繁に発生すること、パレスの異常な長さ&長い割にしょうもないギミックの数々に何度心を砕かれたか分からない。

でも、なんとか投げ出さずに最後までプレイできて良かったと思ってます。

 

f:id:frostmoon06:20170531173814j:plain

本編クリアするだけで75時間は長いよぉ…。久々に濃厚なRPGをやった感。

終始、事の全容を振り返る回想形式で進んで行きましたが、冒頭に見た「カジノ→ 逮捕ムービー」がまさか遥か彼方の先の話だとは思いもしなかった。

ニイジマパレスまでたどり着く過程が長すぎるんじゃボケェ!

 

双葉パレスあたりの主要メンバーが揃ってきて、後半へ向けた新メンバー獲得までの流れが一番好きだったかもしれない。

 

話の内容自体は、ニイジマパレス攻略後からがやっと本番って感じでした。

真犯人の企み、脱獄する際のパレスを利用したトリックなんやらは面白かったと思います。

ただ獅童を改心させた後に、ここで一回気分的にスッキリしたかった…。

あれ?改心させたのにいまいち変化起きねぇぞ、あれ?からの再逮捕の危機 → メメントス突入…。

せっかく黒幕を倒したのに、下克上的盛り上がりもなく、次の展開に進むのはやめろ;;

 

次も次で聖杯やら悪神の登場やらの超展開でついていけず…。

f:id:frostmoon06:20170328215530j:plain

メメントスの長さと最深部に着いてからもまだ長いってのが、物語終盤の面白さを潰していた感がすごい。

 

全体を通して「試練」とでも言うようなストレスを感じさせる部分は所々ありましたが、『ラスボス討伐後 ~ ジョーカーの旅立ち』EDの流れは本当に好き。

愚痴ぽくなりましたが、改めて振り返ってみれば "最後まで遊んで良かったと思える作品" になりました。

 

恋人は4人できました!

世紀末覇者さん一筋で進むつもりが、あれよあれよと浮気を繰り返し…

f:id:frostmoon06:20170325191925j:plain

最終的にひふみんが一番好きになりました。 

f:id:frostmoon06:20170328220632j:plain

 王の一手で股間を踏んづけてほしい。(切実

f:id:frostmoon06:20170328220926j:plain

リアルでも一度は修羅場を経験したいよねぇ。

 

ペルソナ繋がりで『ペルソナ3』の劇場版も見ました。

f:id:frostmoon06:20170323215822j:plain

3FESをやったのがもう8年前ぐらいかな。

全く話とか覚えていなくて、橋の上で戦いがあったことぐらいしか覚えていなかったんですが、劇場版見ていたら色々思い出しました。

改めて見ると音楽もいい。戦闘BGMの「ベイべベイべ~」とかあったなぁ!みたいな。

「Burn My Dread 」「キミの記憶」あたりのテーマソングも聞き覚えがあって「あぁこれだ!これ!」ってなった。

 

劇場版の話自体はすごい丁寧に大切に作られていた気がします。

EDの卒業式から屋上の流れがもうほんと卑怯なくらい良い。

ゲーム中の雰囲気に限りなく近かったんじゃないかな。

最初は空っぽなコミュ障主人公がたくさんの人達と関わる中で、どんどん人間として大きく成長していく過程なんかも変化が気付きやすくて面白かった。

  

f:id:frostmoon06:20170328221059j:plain

広告を非表示にする

オワカ8、再び。

f:id:frostmoon06:20170323200359j:plain

来月に任天堂Switch でマリオカート8のデラックス版が出るみたいなので

最近、久しぶりにマリオカート8を再プレイしています。

 

レートは3万ちょい。過去の記事を見たら2年前が最後のプレイみたいですね…

さすがにブランクありすぎて、オンラインで勝負するとか以前にまともに走れなくて草。

勝負やレートの増減とかもう一切気にせずに勘を取り戻すためだけに必死こいて走ってます。

レート1万部屋で平気で7、8位を連発しちゃうほどのクソ雑魚ナメクジでほんと死にたい。

 

Switchのマリオカート8デラックスはどうかな。買うか迷う。

レース面のことで言えば、サンドリ・ねじれの廃止がどう響くか。

これを取り上げてしまったら物凄くつまんなくなりそう。

直線とか暇すぎてどう時間潰したらいいのやら。

 

アイテム2個持ちもどうなんだろう。

現状の中位下位での熾烈な殴り合いが改善されるとは思えない。むしろ悪化するんじゃないかとさえ思う。

攻撃アイテムが多いせいで、レースというよりはスマブラしてる感に近いんですよねマリオカート8は。

距離制とは名ばかりで2位で赤3を引けてしまったり、かと思えば12位でゲッソーが出てきたりとガバガバ加減もどうにかして欲しい。

 

いかん、愚痴ばっか出てくる。

本当に買うかどうかは発売後の評価次第かなぁ。

 

広告を非表示にする

気まぐれに中学・高校時代の同級生のフェイスブックを覗いてみた 【閲覧注意】

今回は、いかにも陰キャ、ねらー気質、変態、糞野郎な記事になりそうだったので

「閲覧注意」とタイトルに書いておきました。

f:id:frostmoon06:20170317124716p:plain

 

本当に気まぐれなんです。出来心なんです。(謝罪

ムラムラして今日はなんのオカズでシコろうかな~とぼんやり考えていたら、高校時代の可愛いかった子を思い出したんです。

今なにやってんだろう……と気になり、こういう時に近況をチェックするのに便利なフェイスブックの存在を思い出す。

「よっしゃ、画像なんかがあればシコネタにしよう! (`・ω・´)と思いフェイスブックにアクセス!

 

どうやらフェイスブックは、誰かのページに飛ぶためにはアカウント登録が必要らしい...。

匿名では見られないようようだったので、エロゲ主人公の名前で捨て垢を作ることに。

 

でいざ、覗いてみたら色々とすごい。

 

当時、不細工だった女子が今も変わらず不細工だったり。

うぇ~い系のDQNはなぜかみんな車の画像を乗せてたり。

仲が良かったあいつはめちゃめちゃ偏差値高い大学出てたり。

大嫌いだったあいつは今も変わらず、腹立つ顔をしていたり。

昔から変な奴だったあいつは、海外のよくわからんところ行ってたり。

逆に当時ヒエラルキー最上位にいた奴等はいかにもそこらへんにいそうな兄ちゃん、姉ちゃんって感じで劣化してたり。

中にはもう、結婚してる子もいたり…。

 

おおっと、色々書くと年齢がバレそうだ…。

最初はシコネタ探しのために巡回していたんですが、気付いたら当時と今のギャップについて悶々と考えている自分がいました。

 

人って成長するんだなぁ、変わるんだなぁって。

当たり前のことですけど、やっぱり人生って人それぞれにあるんですよね。

当時、くそ生意気だった少年、少女たちが人並みの苦労をして、いっちょ前に大人としてそれなりに頑張ってるんだなぁって。

まぁそういう、お前は誰目線なんだ!って話なんですけども。

 

あと1つわからなかったのが、当時話すような仲でもなかったのに、フェイスブック上では「友達」ってどういうこと?

僕が知らないところで交流があったのかな?いや、リア充ってそんなこと考えずに同郷はみんな仲間だー的な考えなのかな?……わからんわ。

 

今回はだいぶキモい記事になりましたね……

 

これは変態、糞野郎と揶揄されるのは仕方ありませんわ。

でも僕はイケメンなので許されるはず。他の人はこんなことしたらダメですよ?

 

 

広告を非表示にする

『LOST CHILD』 クリア後感想

 ソシーテ ボクハ ツヨクナルー カナーシミニ マケヌヨーウ

f:id:frostmoon06:20170311200831p:plain

進めていた『LOST CHILD』の攻略が終わりました。

 

感想としては、"そんな言われてるほど悪くない" ように思いました。

むしろ、僕はもっと酷い出来だと思ってたばかりに、拍子抜けしたぐらい。

退屈に感じる部分はあったし、散発的な面白さも十分にあった。

 

クリアしても残る謎、明かされないままの伏線はたくさんある。ただそれらに真っ当な理由付けをするのも不毛だし、どうせ粗ばかりが見つかるはずなのであえて何がどうダメだったのかは書かない。

作品として大きな欠陥(シナリオ投げっぱなしで、めちゃくちゃな終わり方しやがったぞ!?)とかはない。

細かい所で謎は残りましたが、大筋・因果関係等はちゃんと作中で明かされるし、納得はしていないが割と綺麗な終わり方をする。

 

物語の内容に関して。

文弥と霧子、母:桃子の死をきっかけに物語が大きく動いていきました。

もとを辿れば過去の因縁、しがらみが原因だったわけですが、そこへ至るまでの過程、雰囲気作りはなかなか楽しめました。

 

契約者とレイリア、それぞれを取り巻く環境がコロコロ変わるのも良かった。

目の前の現実と気持ちの問題。どこで折り合いをつけるかって感じでしたね。

序盤なにかと敵対とも取れるようなちょっかいを出してきた小崎と恠のペア。

中盤からは仲間として、苦楽を共にした颱斗と聖のペア。

それが最終章では、「将路・小崎 vs 颱斗・嵩」の構図になるとは思ってもいなかった。

嵩と恵のペアも何かきっかけさえあれば主人公サイドに回れたような気もしますが、颱斗と同様にまんまと弱みにつけ込まれ草薙に丸め込まれてしまったような印象。

 

好きなキャラは、ダントツで颱斗のペアかな。

熱血コンビで主人公より主人公してた感があります。

f:id:frostmoon06:20170311225638p:plain

文弥と霧子の仇クラフティハンツマン戦と、草薙本社ビル襲撃時のフェンサー戦でまさかの2連敗。

さらにケルベルスがバースト化習得以降は、作中最弱のアーミットになってしまいましたが、最後の散り際は見応えありました。

f:id:frostmoon06:20170311202433p:plain

このスレッジハマーの後ろ姿が最高にかっこいい。

 「あぁ、スレッジハマーは…最強だああぁぁ!!!」

 瀕死の颱斗が聖に将路達の元へ行くよう指示したり、囚われた由良の罪の意識を少しでも軽くしようと気遣ったり、死ぬ寸前の最後まで男をみせる好印象なキャラでした。

 

 

将路達のライバル的存在、フェンサー(小崎)について。

このペアの動かし方は結構良かったと思っています。

f:id:frostmoon06:20170311231731p:plain

実力は作中屈指、オリジナルでないにも関わらず自力でバースト化可能。最終章では嵩と恵が完全融合したネメシスと共倒れになったものの、草薙の側近であるクラフティハンツマンを圧倒する強さ。

小崎がキャラ的にも中の人的にもまんまfateのアーチャー。

あまり物語に自ら絡んでこない、静観を決め込むことが多かったですが、かと言って空気のような扱いにならず、出てくれば必ず見せ場を作るキャラ。

復讐者として将路達とはまた違うもう一人の主人公だったと思ってます。

 

残念だったのが、小崎の内面描写が少なすぎて実際問題、彼はどのように事態を捉えていたのか不明なところ。

最後まで妹の由良とは兄妹らしい会話もなく、すれ違ったまま終わった感。

「かつては優しい兄だった」とのことだが、作中でそれが伺える言動は皆無であった…。ある意味、小崎は最後まで冷徹無口なキャラを通し続けたと言える。

f:id:frostmoon06:20170311225550p:plain

 

肝心のゲームパート「戦闘」について。

正直な気持ちを言えば、めちゃめちゃだるかった。

難しい操作はなく、ただ左右に移動するカーソルを目押しするだけなんですが、単調故にだるい。雑魚モブのくせにやたらとHP多いわで戦闘パート入る度にゲンナリ…。

難易度は一番易しいピースフル。それでも場面によっては連戦を強いられるのでひたすらだるい…。

f:id:frostmoon06:20170311232656p:plain「貴様のエーテルは、何色だぁー!?」

 

『LOST CHILD』は良くも悪くも、"惜しい作品"。

声優、音楽、演出、絵と類を見ない程に良い素材が集まっているだけに惜しい。

「地雷」「がっかりゲー」「神ゲーに成り損ねた」等と今も言われ続ける背景には、発売当時の環境(期待値の高さ、延期、メインライターの不在)も原因だったのではないかと思う。

 

中身については、本当にそこまで悪い出来ではない。

確かに粗が目立つ部分もありますが、調理法さえ間違えなければ神ゲーになれたはず、と思わせるような "光るもの" は感じることができる。

f:id:frostmoon06:20170311233053p:plain

 

スレッジハマーのBGM大好き。

 

広告を非表示にする

地雷の中の名作「LOST CHILD」をプレイしていくよ!

 2006年にたまソフトから発売されている『ロストチャイルド

音楽良し!絵良し!声優良し!と最高の素材が集まってできた奇跡の糞ゲー。

シナリオさえ破綻していなければっ!!そんな風に言われることの多い当作品。

なんでもメインライターがいなくなったことで、シナリオの収拾がつかなくなったとか。(wiki調べ)

 

まずは紹介ということでOPムービーを見て欲しい。

エ~セリ~アルの風が~ ♪

名曲「魂の慟哭」に乗せて流れる最高にカッコいいムービー。

これがエロゲのOPなんてびっくりですよ!燃えてくるうううううう!

くそかっこよすぎ。これを見て地雷だなんて思うわけがない。

仮面ライダーみたいなパワードスーツ姿ほんと好き。

 

何故今回、ロスチャをやろうと思ったか。

近くのゲームショップにて¥480円で売られていたからだ!

安い!安すぎるぞ!

f:id:frostmoon06:20170304171022j:plain

衝撃でしたね。元々、ネット上の評価は知っていたので気が向いた時にやりたいなぁ程度で考えていたんですが、値段見たらもう買うしかないよねっていう。

ほんまもんの地雷であろうが、¥480円で遊べるならこれもうお釣りがくるレベルでしょ。

 

声優さんも今じゃ考えられない豪華な布陣。

鈴村健一諏訪部順一中田譲治檜山修之緑川光折笠愛伊藤静 他。

全王様もオッタマゲ。

 

パッケージ裏。

f:id:frostmoon06:20170304163433p:plain

うむ。神ゲー臭が凄い。

 

まだまだプレイ状況としては始めたばかりで、内容については触れませんが

攻略が落ち着いたら感想記事を書こうと思います。

f:id:frostmoon06:20170305173250p:plain

フェンサーが色合いといいGBAロックマンゼロに似てる。

 

 感想はこちら。


ヘリオトロープも良い地雷。


広告を非表示にする

PS4 『ラストオブアス リマスター版』プレイ 【感想】

f:id:frostmoon06:20170222013638j:plain

『フォーオナー』を買うか、『仁王』を買うか、はたまた『ニーア』を買うのか…

迷いに迷った挙句、買ってきたのが『ラストオブアス』のPS4リマスター版。

なぜそうなったし。

 

名作とは知っていたので、いつかはやろうやろうと思っていたんですがそのままズルズル…で今に至る。ようやくプレイする時が来た。

 

とりあえずクリアした感想としては、すげー面白いけど、すげー長い!

ビルの家あたりでだいぶ進めたなぁと思ったら全然終わらない。ヘンリーとサムの件が終わったと思えばようやく季節が秋へ。大学、雪山を超えて遂に辿りついたソルトレイクシティでは景観に美しさに感動。

 

ラスアスは荒廃した世界と自然が合わさった景観が凄く良い。

廃墟好きの人の気持ちが少しわかったような気がします。

f:id:frostmoon06:20170222011730j:plain

 夕暮れ時の校舎っていいよね。

f:id:frostmoon06:20170222011742j:plain

ジョエル負傷にも負けず、エリー1人でよく頑張った;;

f:id:frostmoon06:20170222011518j:plain

大ピンチだった雪山を超えてのソルトレイクシティですよ。

f:id:frostmoon06:20170222011758j:plain

旅の終わり。エリーはジョエルの嘘を見抜いたんですかね。

 

 DLCの『LEFT BEHIND』もリマスター版に収録されていたのでプレイ。

f:id:frostmoon06:20170222011811j:plain

大学のキャンパスでジョエル負傷から、本編の雪山までの空白をどのようにエリーが過ごしてきたのか描かれていました。

 

戦闘に関しては、地面に落ちているビン、レンガを上手く使って無力化できるかが鍵。

武器は敵に気づかれずに始末できる弓が意外と使いやすかったように思います。

火炎瓶や爆弾なんかも数制限はあるものの、複数の敵を巻き込みやすくて便利でした。

 

銃は一度使ったら最後、発砲音で完全に気づかれて後はもうドンパチ騒ぎになってしまうのが痛いところ。使い所を見極める必要がありました。

最後の最後で拾ったアサルトライフルは結局一度も使わなかったなぁ…

 

 

広告を非表示にする